英語でも予約可能な歯科医院について調べてみました

英語を使った歯医者の予約はどうしたらとれるのでしょうか?
そのクリニックに英会話をマスターしているスタッフが在中しているかどうかも分かりませんから、外国人の人が来日中にどうしても歯が痛くなって、歯医者に行きたくなることもあるでしょう。

もしくは長期滞在の場合、特に診てほしいと思うものです。
そんな英語に長けた歯科はあるのでしょうか?

・英会話マスターしているクリニックは実は少ない

実際、英語で対応してくれる歯医者は少ないでしょう。
ただ、若干の英会話で対応してくれるところが多いので、僅かな単語のみのコミュニケーションができればスタッフも対応が可能だと言われています。
それにスタッフもそれに応えるように聞き取り、会話の練習をしている歯医者もあります。
僅かな単語でも会話は成り立ちますから、今後役立ててほしいものです。

・実際にはどのような歯科が英語を使っているのか?

実際どんな歯医者が英会話をマスターしているスタッフをやとっているのでしょうか?
スタッフを雇うのは、英会話必須というわけではありませんが、雇ってから練習をしてほしい、と言われるケースが殆どのようです。
少なからず、日時が取れるもしくはいつなら空いている、ということを伝えて、日にちを聞くことができるレベルまで英語をマスターするようです。
比較的新しく新設しているクリニックにそのような傾向が見られますから、英会話対応のクリニックを探している外国人の人は、そのような場所をインターネットなどで探す、もしくは日本人の友人に尋ねてみて、実際に電話予約をしてみましょう。

予約を取ることができればあとは安心して日にちを待つだけですから、とりあえず必要なのは時間が取れるかどうかです。
できるだけ新設された歯科で英会話を使っているところもありますから、そのような歯医者を狙って予約を取ってみてもよいでしょう。

・インターネットを駆使した歯科もあります

また、数は少ないですが、ネットで外国語を駆使して対応している歯科もあります。
このような歯医者は外国人の人でも安心して時間指定をすることができますから、嬉しいことです。
ただ、まだ数が少ないので、そのような歯医者を探すのがまた大変だ、ということもあり得ます。

それこそインターネットを活用する、友人に聞きこむなどが必要です。
またホームページなどには英会話でも予約を取れます、という文章が記載されている歯医者もありますから、そのような医院だと安心して任せることができます。
治療の間も英会話で進めることができますから、非常に安心できます。

外国人でも予約のできる歯医者さんってあるの?

英語が堪能でない日本人にとって、外国人の予約を取ってあげるのは非常に難しいことです。
しかし近年になって英会話は日常的になりつつありますし、小学校でも教えるレベルになってきています。

ですから今後歯医者でも英語を使えるようなスタッフが増えると考えられます。
では外国人が予約を取れる歯医者は一体あるどこにあるのでしょうか?

・海外から来た人が時間を取れる歯医者とは

比較的多いのが、都心に近い歯科では英会話をマスターしている、もしくは予約を取るくらいはできる会話をマスターしている歯医者が多いようです。
地方に行けばいくほど、その数は減っているように思われます。
さらに土日に営業している歯医者ともなれば、やはり東京に近い場所に集中していると考えるべきでしょう。
ただ、地方といっても最近では多くの歯科が外国客が多くなってきたニーズに合わせてスタッフの研修に英語を取り入れているようですから、予約を取るレベルまでには至っているように思われます。

・多くの会話を習得している歯科もある

また、多くの会話を習得している歯医者もあり、それは稀なケースですが、そんな場合はロシア語やペルシャ語など、豊富な受け答えをしてくれるスタッフがいる歯医者も中にはあります。
探せばいくらでもありそうですが、大体にして外国の人が観光する場所といえば京都や奈良、東京になりますから、そのあたりの歯医者では多くの会話をマスターしていることが多いです。
特に英語に関していえば、京都や奈良でも対応できるスタッフが多い場所も探せばいくらでもあるようです。

・予約をうまく取るにはどうすればいい?

時間指定をうまく外国人が取るには、やはり英会話に特化した歯科を探す必要があります。
今ではネットカフェなどが多くありますから、そこへ行って、英語で診察できる歯医者で検索をかけるとよいでしょう。
来日中にどうしても緊急で傷む場所がある、ということであれば、やはり英会話に堪能なところがスムーズでよいでしょう。

そのような歯医者ではドクターも英会話が堪能なケースも多いので、治療中の質問にも答えることができますから、外国人側としても安心できるのです。
気になる保険適応については、虫歯や歯槽膿漏、ブリッジなどが対象となるようです。
保険外治療の場合は診療所により異なることがあり、緊急で時間外診察となった場合は、時間外手数料を取られることもありますが、歯の痛みには変えられませんから、外国人の人も大いに日本の歯科を使って痛みを除いて観光を楽しみたいものです。

英語での虫歯の対応も丁寧にしてくれました

私はビザを取って来日している英会話講師をしています。
スクールの皆はとっても賢くて、勉強熱心なのがとても伝わってくるのがいいですね!
そんな私もガイズたちに教える価値がとてもあると思ってかなり熱心に教えていたつもりです。
ですが自分の生活を半端にしていたら、虫歯ができてしまったのです。

・英語ができる歯科は見つかるか?

そこでガイズたちに英語ができる予約制の歯医者はあるのかどうか聞いてみると、よくわからない、知らないもしくはあるのかもしれないけど、一応調べてみたらどう?
と勧められ、パソコンの前で検索をかけてみました。
在日歴もそこそこありますから、日本語も一通り日常会話程度なら書けるし話せます。

そこで英語と歯医者を検索してかけてみると・・・あまりないのですね。
しかし、少数ながらも英会話で対応してくれる歯医者が見つかりました!
スクールが終わるのは早いので、夕方余裕をもって予約を取れて、その歯医者へドキドキしながら入りました。
受付らしいスタッフが、すでに英会話でハローと話しかけてくれ、こちらの不安もすでに安心に変わりました。

・外国語に堪能な歯科

そこは外国語に堪能な歯科として有名らしく、欧米はもちろん、アジア系の女性も1人待っていました。
待合室で問診票を書き、その後検査をして治療台へ。
ドクターが英語を話せるかどうかが不安だったのですが、ドクターこそまさに英会話が堪能な方で、日常会話から専門用語までしっかり説明がされており、非常に安心感が強まりました。
会話での虫歯対応も非常に丁寧で、今どこを削っているのか、何をしているのか、会話でコミュニケーションを取ってくださいました。
これほど安心できる歯科が日本にもあるなんて!

アジア系の女性はその後通路を通りおそらくアジア言語で話すのだろうと考えていると、施術が終了していました。
これほど英語に堪能な歯科を見つけることができてラッキーです。
予約もスムーズに取れたこともラッキーですし、そのスタッフが会話に慣れていたこともラッキーですね。

・スクールに報告

これほど優秀な歯医者があることをスクールにも報告しました。
これで外国人教師も安心して働くことができるでしょう。
特に突然の虫歯などは、予約が必要なことも英会話が堪能なところでなければ伝わらないことも多いですし、そのような歯医者を見つけるのは非常に苦労します。
同じ教師陣も一度行ってみたい!
と言っていました。

ガイズたちにも話すと、興味深そうに聞いていました。
そう、今日のワークは英会話と歯医者です。
予約がうまくとれたことに皆自分たちが勧めたことに面白そうに聞き入っていましたよ。

口コミや評判の高い歯医者ってどんなところ?

口コミ評判が高いと言われる歯医者とはどんなところなのでしょうか?
やはり予約が埋まっているところ?
それとも敏腕の先生がいると言われるところなのでしょうか?
実際、お目にかかったことはないけれど、口コミや評判の良い歯医者に一度はかかってみたいものですね。
痛くないと口コミで言われていると、とても気になります。

・まずは口コミを信じる

「まず、口コミを信じます。
良い口コミも悪い口コミもチェックして、総合的に判断して歯科の予約を取ります。
僕の場合は神経まで達する虫歯だったので、本当に痛くないと言われている歯医者を選びました。
そこでは大学教授にもなっている先生が診てくれて、安心できました。

さらに、やっぱり痛くなかった!
麻酔はちょっと痛いかなって思ったけれど、その後は麻酔が効いているから全く分からず。
しかも素早い。
これが名医と言われる口コミ評判なんだなぁと思いました。
評判が良いというのは先生の人当たりの良さなんだなとも感じました。
治療のこと以外でも、食生活などについてしっかり聞いてくれ、アドバイスがもらえるので、いい意味で反省になりました。
お陰で健康な食生活を送っています」

食事に関しては歯の健康を左右するものです。
食べ物に関して詰まりやすい物や甘い物などは歯には良くないものです。
逆によく噛みしめるものなどは顎の筋肉も使うことができてよいようですね。
歯科でそこまで対応してくれる病院は殆どないでしょう。

・外国人が実際にかかったケースは?

では実際外国人が歯科にかかった例をあげてみましょう。
「英語で話せるドクターがいるのが嬉しかった」
そういうのは1人の外国から観光に来た患者さんでした。
「スタッフも英語がうまくて、スムーズに予約を取ることができたし、英語が話せる歯科に出会えるとは思っていなかったけど、どうしても虫歯が痛かったので、日本の友人に教えてもらったの。

そうしたら意外にもスタッフは英会話ができるし、予約の日時もしっかり確認してくれたので、とっても簡単に治療予約ができて良かったわ」
外国人にとって観光の際に歯が傷むという症状に見舞われたとき、どうしようかと思いますね。
しかしそんな時に英語を使うことができるスタッフのいる歯科に出会えると嬉しいです。

・口コミや評判は嘘をつかない

口コミや評判というものは嘘をつきません。
ですから怖い部分もあり、良い部分もあります。
一度悪い口コミが経ってしまうと、なかなか良い評判を持ってもらうのに努力しなければなりません。

それに現代社会では英語もマスターする必要があると言われていますし、ビジネス社会ではすでに英会話は日常茶飯事に使われているようです。
悪い口コミも含め、全てその歯医者のあり方だということを確認して、受診しましょう。

予約対応の良い歯科は治療も痛くないのか

時間指定が取りやすい歯医者は治療もうまくて痛くないのでしょうか?
予約が丁寧だと、なんとなく手当も丁寧で痛くないと思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか?

・簡単に時間指定できるけど痛くないことはない

「実際、予約が簡単に取れる、取れないに関しては、その歯医者の人気によると思います。
だって僕の通っている歯医者は人気があるけれど、やっぱりある程度の痛みはあるし、麻酔だって痛い。
だけど丁寧で親切、しかも英語が話せるから人気がある。
だから外国人も続々やってくる。

痛いけど、人柄や丁寧さで時間指定の取りやすさもあって、人が集まってくるんじゃないのかな?」
そういう彼は今現在もその歯科に通っているという。
やはり丁寧なのが一番だ、ということがあるようです。
予約が取りやすいスタッフの対応も良い、という点も忙しい学生生活の中では大変便利だと言います。
実際時間指定が簡単でも治療が痛くないというお墨付きはありませんし、痛くないかどうかは個人差がありますから、痛いかどうかという点に関しては、かかってみなければわからないのです。

・治療が痛くない歯科は込み合っているのか?

では治療が痛くないと言われている歯医者は患者が込み合っているのでしょうか?
実際問題、これは歯科によりますが、痛くなくても痛くても混んでいるところは混んでいますし、患者が少ないところは少ないのです。
「私が通っている歯医者は新しくできたばかりのところで、でも数か月したら時間帯がいっぱいになってしまうほどになってしまいました。
最初は丁寧な診察だなぁ、優しい先生だなぁ、と思っていたので、受付のお姉さんとも会話が弾むし、しかも英語も話せるし、とてもいい歯医者だとは思ってました。

でもあっという間に予約が埋まってしまい・・・。
1か月先まで時間帯が埋まってしまっているという現状。
やっぱり対応もよくて英語が話せる歯科って治療もそれほど痛くないし、麻酔のかけかたも上手だし、人気もあるし、外国人観光客にも対応できるんだな、と思いました」

・無痛でなくても痛くない歯医者はある

かくいう彼女は無痛歯科ではないけれど、通常の麻酔からそれほど痛く感じない、という先生にかかっているようです。
新設されたばかりの歯医者で、まだ最初の頃こそろくに人が入らなかったのが、口コミなどで人がり、英語でも予約対応もよく、治療も先生のさじ加減1つで全くがらりとかわって痛くなくなると言います。

時間指定の対応が1か月待ちでも人気が絶えないということはやはりそれだけ主治医の先生の腕前を信じている、もしくは痛くない治療を心がけているということでしょう。
英語対応もしているということは外国人観光客なども安心して通えるので多少痛みはあったとしても人気があるのでしょう。